金融機関に相談する

お金を借りる理由は人によってそれぞれだと思いますが、住宅を購入するために住宅ローンを利用することや車を購入するためにマイカーローンを利用するといった感じで目的があらかじめ決まっている上でローンの利用をすることもあれば、何かあった場合に対応できるようにという理由でカードローンやフリーローンなどを利用することもあります。
いずれの場合もお金を借りようとする場合はあらかじめ借金返済のことまできちんと考えた上で借りることが大切で、借りたお金を金利も含めてどれくらいの期間で返済することができるかということを知っておくことで心に余裕が出来るのと同時に借金をしているという自覚が生まれます。
しかし、どれだけ事前に借金返済計画を立てて借金に備えたとしても会社を解雇された場合やトラブルなどで支出があった場合は対応することも難しくなってしまうと思いますが、借金返済ができなくなった場合は必ずその旨を借りている金融機関に相談するようにしましょう。

 

もちろん、相談したからと言って借金返済額を減らしてもらえるというわけではありませんが、相談することによって借金返済におけるスケジュールを変更してもらうことや一時的に返済をストップしてもらえるなどの対応が受けられることもあります。

 

借りている金融機関によって対応の流れは変わることになりますが、そのまま放置していると資産の差し押さえなどを強制的にされる可能性があるので必ず金融機関に相談してください。

 

ヤミ金に強い弁護士ランキング

関連ページ

借り換えローンの検討
借金返済が出来ない場合の対処法|借り換えローンの検討
多重債務時はおまとめローン
借金返済が出来ない場合の対処法あれこれ|多重債務時はおまとめローン
収入源を増やす
借金返済が出来ない場合の対処法|収入源を増やす