債務整理とは

金融機関からお金を借りる際にマイカーローンや学資ローンのように目的が決まっているローンを利用してお金を借りることもあれば、急な出費で困ったからお金が借りたいという状況の際に利用するカードローンを利用してお金を借りることもあります。
どのような形式のローンでお金を借りた場合でも借りたお金は借金返済しなければならないお金であるということは共通しており、借りたお金にプラス決められている金利を加えて借金返済を進めていくことになります。

 

基本的に目的ローンの場合、金利は一桁台と少ない場合がほとんどですが、自由ローンになってくると金利は15%前後と高くなり、銀行よりも消費者金融や信販会社の金利が高い傾向にあります。
きちんと借金返済できたら問題ありませんが、長期返済になってくると収入の変化や生活の環境が変わるなどの理由から借金返済が厳しくなることもあり、場合によっては返済能力を失ってしまうこともあります。

 

その場合に利用するのが債務整理という借金整理で、債務整理には任意整理や民事再生、自己破産などさまざまな種類が用意されていますが、借金の状況や収入の状態によって債務整理の内容は異なってきます。
債務整理をすることで借金問題が解決に向かうことも期待されますが、その一方で債務整理をすることによるペナルティというのもあり、特に自己破産を選択する場合は所有している財産の没収などがあるので債務整理を適用する場合は注意が必要です。

ヤミ金に強い弁護士ランキング

債務整理とは記事一覧

債務整理には様々な種類がありますが、いずれも借金返済が困難になった場合の対応策として利用される借金整理です。任意整理については金融機関との直接的な交渉となるので裁判を通しての借金整理にはなりませんが、それ以外の債務整理についてはすべて裁判を通しての手続きになります。債務整理をする場合に自分で必要な書類を集めて金融機関と交渉することや裁判をすることも可能ですが、そこには法律の知識や金融の知識などが必...

借金返済が困難になった場合の対応策として債務整理という選択肢がありますが、その中でも借金の金額が少ない場合に第一選択となるのが任意整理という債務整理で、これは借金の総額を変えないで借金返済を目指すため、他の債務整理よりペナルティが少ない特徴があります。また、任意整理の流れとしてはお金を借りている金融機関との交渉によって返済スケジュールの見直しや返済回数の変更などを変えて今の環境から最適な借金返済計...

借金返済が厳しくなった場合に工夫をすればどうにか借金返済ができそうな場合に適用される債務整理が任意整理となり、いろいろある債務整理の中でも裁判を通じての手続きではなく借りている金融機関との話し合いで進んでいくので時間があまりかからないメリットがあります。ただし、複数の金融機関でお金を借りて借金返済が厳しい状態になっている場合はそれぞれの金融機関との交渉が必要になるので、借り入れ先の件数によっては時...

銀行や消費者金融からお金を借りる場合に収入が減るという理由や他に支出が増えたなどの理由から借金返済が厳しくなることもありますが、その際に債務整理をして借金問題を解決するという方法が対応策としてはベストで、債務整理といっても債務の状況に応じて柔軟に方法を変えることができます。安定した収入があるものの、借金が膨れ上がってしまった場合に適用されることが多い債務整理に特定調停や民事再生がありますが、これら...

借金返済が難しい場合に債務整理で問題解決を図るという方法がありますが、任意整理や特定調停、民事再生といった債務整理はすべて安定した収入があることが条件となっていて、借金の一部は減らしてもあくまで借金返済が目的となっています。しかし、自己破産については借金返済を目指すのではなく借金返済を放棄することが目的となっているため、安定した収入が無い人でも利用することが可能になっており、収入がある場合でも特定...