ヤミ金に強い弁護士・司法書士なら意外に簡単に解決してくれます

ヤミ金に強い弁護士の交渉実態のネット動画です。参考になると思います、よろしければ覧ください

再生すると音が出ますのでご注意ください (8分56秒)

ヤミ金に強いプロの対応どう思われましたか?

ヤミ金弁護士

平成20年6月の最高裁判所の判決によって,高水準の金利だけに限らず,貸してもらったお金(元金)それ自体でさえも、法的には、一切、弁済する必要は無いことが確定しています。

 

「貸金業登録をしないまま勧誘を実施する」「トイチなどの高利の貸し付け」などのヤミ金融の活動は法律違反なのです。

 

経験豊富なヤミ金関連法律の専門家である弁護士・司法書士は、これらの法律を武器に、毎日、ヤミ金業者と戦っています。彼らは、ヤミ金との数百回の交渉をこなし、解決経験を持つヤミ金問題のプロ集団なのです。もちろん、難しい局面が出てくる場合もありますが、あなたと一緒に、豊富な経験や知識をフル動員して全力で解決に努力してくれます。取立は即日ストップできる場合も多いですし,返済してしまったお金も取り戻せる可能性もあります。ヤミ金問題に関しては初期の相談は無料で実施してくれます。

ヤミ金業者も、また、交渉のプロです。素人が一人で悩んでいても状況は悪くなるばかりです。ヤミ金被害の問題は、勇気をもって、経験豊富なヤミ金に強い弁護士・司法書士に無料相談をしてみましょう。思っていたよりも意外に簡単に解決できる場合が多いものです。

ヤミ金に強い弁護士・司法書士の法務・法律事務所はここだ!

ヤミ金に強い弁護士・司法書士ベスト3の事務所です、いずれも相談無料全国対応ヤミ金への元金支払不要解決費用分割払い可能メール相談24時間受付解決費用四万円~五万四千円/件ヤミ金専用のフリーダイヤル、を持った解決実績の豊富なヤミ金問題に非常に強い事務所です。

各事務所のフリーダイアルへ、ゆっくりしっかり無料の電話相談をして、納得の行く事務所を選んで正式依頼しましょう。どの事務所も親身に相談に乗ってくれます
Duel(デュエル)法律事務所 無料相談ダイヤル 0120-175-046

Duel法律事務所

30年にわたる多数のヤミ金解決の実績を持つ、どんな案件にも対応可能な弁護士事務所

解決費用 無料電話相談対応時間
54,000円/件 24時間/365日 年中無休
代表弁護士 正野 嘉人 (しょうの よしと)

(東京弁護士会 第19816号)

事務所所在地 東京都中央区日本橋小伝馬町16-5

Duel法律事務所公式ページへ

 

ウイズユー司法書士事務所 無料相談ダイヤル 0120-594-057

ウイズユー司法書士事務所

相談実績毎月700件以上、無料相談いただいた皆様の、満足度ランクが高い司法書士事務所

闇金解決費用 無料電話相談対応時間
50,000円/件 24時間/365日 年中無休

代表司法書士 奥野正智

大阪司法書士会所属 2667号
簡裁認定司法書士 312416号

事務所所在地 大阪市北区東天満1-11-15

ウイズユー司法書士事務所公式女性窓口ページへ

ウイズユー女性専用窓口無料相談ダイヤル 0120-854-012

ウイズユー司法書士事務所女性窓口

闇金解決の経験豊富な女性の相談員が親身に対応します。女性のデリケートな闇金問題も安心して相談できます

闇金解決費用 無料電話相談対応時間
50,000円/件 24時間/365日 年中無休

代表司法書士 奥野正智

大阪司法書士会所属 2667号
簡裁認定司法書士 312416号

事務所所在地 大阪市北区東天満1-11-15

ウイズユー司法書士事務所女性窓口公式ページへ

 

 

エストリーガルオフィス 無料相談ダイヤル 0120-010-673

エストリーガルオフィス

2014年開設の若い事務所だがお客様の立場に立った親切なサポートが評判。

解決費用 無料電話相談対応時間
40,000円/件 9:30-21:00 平日

代表司法書士 東口 昌弘

大阪司法書士会所属 第3524号
簡易訴訟関係業務認定612367号

事務所所在地 大阪市北区豊崎3丁目4-1

エストリーガルオフィス公式ページへ

ヤミ金に強い弁護士の問題解決までの流れ

ステップ1 問題解決への無料相談

まずは、ヤミ金問題の現在の状況を電話・メールで、ご相談ください。相談は、何度でも無料です。お客様の状況で、ヤミ金問題の最適な可決方法が提案されます。納得がいかなければ、この時点でのストップも可能です。

ステップ2 受任契約

無料相談での提案にご納得いただけた時点で、ヤミ金問題の解決を正式に依頼する「受任契約」をかわします。

ステップ3 ヤミ金業者への通知

ヤミ金業者に受任を通知します。多くの場合、この時点で取り立てがストップします。これ以降の一切の交渉は、あなたに代わって弁護士・司法書士事務所が行うことになります。

ステップ4 ヤミ金業者との交渉・解決

正式依頼を受けた弁護士・司法書士は、ヤミ金業者と、督促停止および元利金放棄などの完全解決に向けた徹底交渉をし、完全解決をします。

最近のヤミ金の状況

最近のヤミ金の動向

ヤミ金は、日本において、ヤミ金融、ヤミ金、闇金などとも言われています。

国(財務局)や都道府県に貸金業としての登録を行っていないことから、ヤミ(闇)の中で活動が行われている金融業者という意味合いで、こういった名称が使われています。さらに、正規に貸金業の登録をしていながら違法な高金利を取る業者もまた、広い意味でヤミ金融と呼ばれています。
これらの業務を行ったものは、2007年1月20日より改正貸金業法により闇金の刑事罰が従前の「5年以下の懲役又は1,000万円以下の罰金又はその併科」から「10年以下の懲役又は3000万円以下の罰金又はその併科」(貸金3条1項,同47条1項)に引き上げられ、恐喝の罪と同等以上の違法業務です。

 

こういった、法律があるにもかかわらず、何故、ヤミ金業者が存在しているかというと、そこに需要があるからです。
グレーゾーン金利の撤廃により、消費者金融の審査が厳しくなり、消費者金融で融資を断られた方々が、やむをえず、軽い気持ちで、ヤミ金融に手を出すというようなケースが、良く見られるのが現実です。

 

このような状況を背景に、ヤミ金業者側の活動形態も以下のように様々な形で活動が続けられているのが実態です。

 

090金融

電話番号が「携帯電話のみ」携帯電話の番号ではほとんど足がつかず、摘発が極めて困難なため、また、簡単い活動を開始できるため、小規模の業者がが多い

 

紹介屋

あたの信用状態では貸せない、しかし○○社なら貸してもらえるかもしれない」などと、別の貸金業者や闇金融を紹介するというものもある。紹介された先で金が借りられたら「それは当社が紹介したから」などと言って紹介料を騙し取るタイプのもの。
下記のようなメールを、大量に送り、ヤミ金貸付の勧誘をしているタイプの業者もあります

ちょっと貸してたお金必要になったから返してほしいんだけど・・・。
いきなり言って厳しいのは分かるけど、年末だしちょっと俺もお金必要になったんだよね。
お金がないのは分かってるからここで借りてくれればいいよ。
ttp://w3.xxx.com/sty/v8s5f.php?xxxxxxx
ここだったら金融ブラックでも50万くらいまでなら無審査でも貸してくれるからさ。
俺の友達で消費者金融8社くらい踏み倒してる奴が要るんだけど(しかもニートww)
そいつでもすぐに借りれたからたっくんなら余裕でしょ。
2時間もあれば自分の口座に振り込まれるからそのまま俺に返済してくれると助かります。
まぁ1回見てみて。

 

偽装質屋

どこにでもあるような街の質屋を装い、裏で超高金利の違法な貸金業を営む闇金業者のこと。質屋の業態が、貸金業法や出資法による制限を受けないという盲点を突き、二束三文のガラクタを質草にとって、超高金利でカネを貸し付けている.

 

ソフト闇金

従来の超高金利を課す闇金業者に比べて、幾らか低めの金利で貸金業を営む闇金業者のこと。
金利を幾らか低めに設定しているとはいえ、貸金業法や出資法の制限利息を超えている、かつ、無登録であるため、所詮は違法な闇金業者であることに変わりはない。「ソフト」とついていても、はじめはソフトな対応でも、いざとなると強硬な交渉をしてくる場合がほとんどである。初期段階では、女性が対応する場合も多い。

 

一般的にはありえない条件の誇大広告をしている業者。

無保証・無担保で多額の金額(数百万~一千万)を、極端な低金利(年利数パーセント)で貸し出すといった、一般的にはありえない条件の誇大広告をしている業者。
実在する大手の信販・クレジットカード会社ならびに銀行・証券会社・消費者金融・生命保険会社といった金融業や、一般企業(富士通・パナソニック・東日本旅客鉄道など)の社名(グループ会社)であることを騙り、または同社のロゴ(商標)を無断で使用したダイレクトメールで広告を送付してくる事例も各社の公式サイトやプレスリリース上で告知されている(融資詐欺、サラ金カード#広告などの注意点、アプラスフィナンシャル#模倣チラシを参照)。
後者の一般企業群は個人事業主へ一方的に送付した事業者金融の印刷物で使われているが、かつての三洋電機クレジットのような事業者金融も手がける電機メーカーの子会社も存在するため、見分けがつきにくい。
これらは実際には闇金融として融資するのではなく「融資するために金の振込が必要」と騙り、金銭を詐取する融資詐欺に該当するケースも多い。

 

これらのケースに心あたりがある場合は、ヤミに強い・弁護士や司法書士に、すぐに無料相談しましょう。

解決にあたってヤミ金業者に注意する点

ヤミ金に強い弁護士・司法書士がどんなに頑張っても、あなたの強い意志と協力が無ければ解決しません。以下のような点にしっかり気を付けることが重要です。

ヤミ金の取り立てキッパリ断る

お金がうまくまわらず、クレジットカードや銀行や消費者金融でお金を借りることもあるかと思います。仕事をしたらすぐに返済できると思っていて返済を伸ばしているとブラックリストになる可能性があります。ブラックリストにのってしまうと次からお金を借りることができなくなってしまいます。そうなると、お金を借りられる場所を必死で探すことになります。そんな時に引っかかってしまうのがヤミ金です。ブラックリストにのっていたとしてもお金を貸してくれるという甘い言葉をかけられついついお金を借りてしまうということがあります。しかし、ヤミ金業者からお金を借りてしまったら後に後悔することになります。ヤミ金業者がなぜブラックリストにのっていてもお金を貸してくれるのかというと、国にしっかりとお金の貸し借りをするという登録をしていない業者になるからです。登録をしていないので貸し借りをしてはいけないのですが、ヤミ金業者は常に動いています。利息も法律で定められている年率よりもはるかに上回る金額を請求してくるのです。初めは1万円や2万円を借りるだけとしても、後々何十万という利息を押し付けてくる場合があります。お金を借りてしまうようなことがあったとしたら、すぐに闇金業者と手を切る必要があります。借りている分については返済をする必要がありますが、長々と伸ばしていると利息が増えていく一方です。早めにすべてを返してしまいそれでも取り立てにくる場合は弁護士や司法書士と相談をして、時には警察の力も借りて早く手を切れるようにしましょう。

ヤミ金の業者からの連絡を絶つ

ヤミ金に対する情報は怖いものばかりです。体験談などをみていると恐喝のような取り立てをされたり、親せきの家や会社にまできて周りの人を巻き込んで迷惑をかけてしまったということも聞きます。そうならないためにも、一切連絡を絶ちましょう。それでも違法な利息を取り立てにくる場合もあります。もし、ちょっとした気持ちでヤミ金に手を出してしまったのなら、頼れる人すべてに頭を下げてでもヤミ金と手を切れる環境を作りましょう。個人情報を言ってしまっている場合は、引っ越しをするかどこか違う土地に行くなどをしてしばらくの間隠れるようにしましょう。そして電話にも出てはいけません。携帯電話の番号も変更することをお勧めします。家族に迷惑をかけてしまうこともありますが、家族にも弁護士などに相談することや恐喝のような取り立てがあったら警察にすぐに連絡をするように伝えておきましょう。ヤミ金にかかわってしまったからといってそこで人生が終わるわけではありません。違法な取り立てについては警察の人も弁護士も動いてくれます。自分が少しでも返済すれば助かるという気持ちを持っていると次々に請求をしてくる可能性もあります。自分からは、連絡を取らず、かならず、弁護士・司法書士に間にはいってもらいましょう。

ヤミ金業者に出向かない

ほとんどのヤミ金業者は取り立てにくることがあるのですが、事務所に来るように脅迫してくる場合もあります。しかし、事務所にいってしまえばお金を返済させるたまに何をさせられるかわかりません。ヤミ金業者と手を切るためには弁護士に相談をしてどのような立ち回りで動いていくかなどを決めなければなりません。ヤミ金業者はうまいこといって次々に手数料などを請求してくる場合があります。例えば、取り立てにいくのにかかった手間賃を請求されたり、電話で取り立てをしているので電話代を請求して来たり、よくわからない理由の手数料などを請求することがあります。しかし、請求されたからといって払わなければならないわけではありません。そして請求されるのが怖いからといって事務所に出向くのも避けましょう。様々な手段をつかってお金を請求してくるので怖くなるのは当然なのですが、それに負けていてはヤミ金と手を切ることはできません。ヤミ金に引っかかってしまったらすぐに手を切るようにするべきです。弁護士に相談に行き、ひどい時は警察に連絡をして、それでもこちらからお金を払うようなことをしてはいつまでもカモにされてしまいます。そうならないためにも絶対に終わらせるという気持ちが大事です。ヤミ金業者の口車に乗せられないように気を付けましょう。

 

ヤミ金に強い弁護士・司法書士はあなたのパートナーです、悩みごとは、隠さずすべてオープンに、プロである弁護士・司法書士に相談をしましょう。

弁護士と司法書士の違い

ヤミ金問題を、あなたと一緒に戦ってくれるプロの法律の専門家には、弁護士と司法書士があります。
大きな違いは、弁護士は、すべてのヤミ金の法律関連事案を扱うことが出来るのに対し、司法書士は、ヤミ金問題を扱うためには、法務省で一定の研修・考査を受け、認定司法書士にならなければなりません。当サイトで紹介しているのは、信頼のおける弁護士・認定司法書士です。

 

重要なのは、弁護士なのか司法書士なのかといことでは無く、本当に闇金業務に強いかどうかということです。
また、弁護士・司法書士は、これからヤミ金問題を一緒に解決していくパートナーです。あなたの感性や価値観に合致するかどうかも重要なポイントです。

 

無料電話相談があるのですから、弁護士・司法書士と電話でじっくり相談をして、納得の行くパートナーを選びましょう。

ヤミ金に強い弁護士ランキング