債務整理の進め方

債務整理には様々な種類がありますが、いずれも借金返済が困難になった場合の対応策として利用される借金整理です。
任意整理については金融機関との直接的な交渉となるので裁判を通しての借金整理にはなりませんが、それ以外の債務整理についてはすべて裁判を通しての手続きになります。

 

債務整理をする場合に自分で必要な書類を集めて金融機関と交渉することや裁判をすることも可能ですが、そこには法律の知識や金融の知識などが必要になってきます。
時間に余裕がある場合は別ですが、仕事をしながらの債務整理の場合は弁護士や司法書士など専門家に依頼して代行してもらうのが一般的です。

 

また、借金返済が難しい状態になっている場合は債務整理をする前に過払い金が過去にないかどうかということを調べることが多く、払い過ぎたお金が見つかって請求によって無事に戻ってきた場合はそのお金を借金返済に充てることで一気に借金問題が解決することがあります。

 

債務整理の中には借金の一部を免除してもらって借金返済を進めていくことができるタイプのものもありますが、本来なら返さないといけないお金を免除してもらうので当然ながらそれ相応のペナルティは科せられることになります。
自分で借金整理をする場合は自分の借金からどの債務整理が妥当かという判断も難しいと思うので、自分でするか依頼するかは置いといて無料の借金相談などをして専門家にアドバイスをもらうとよいでしょう。

ヤミ金に強い弁護士ランキング