借金の一部が無くなれば借金返済が可能な場合

銀行や消費者金融からお金を借りる場合に収入が減るという理由や他に支出が増えたなどの理由から借金返済が厳しくなることもありますが、その際に債務整理をして借金問題を解決するという方法が対応策としてはベストで、債務整理といっても債務の状況に応じて柔軟に方法を変えることができます。

 

安定した収入があるものの、借金が膨れ上がってしまった場合に適用されることが多い債務整理に特定調停や民事再生がありますが、これらの債務整理はいずれも借金の総額を一部減らして借金返済しやすい状態を作るというものです。
いずれも裁判を通しての手続きになるのですべての問題が解決するまでには時間がかかるというデメリットがある一方で、手続きを行った時点で借金をしている金融機関からの催促はなくなるため、これまで借金返済できずに金融機関からの催促や取り立てにおびえていた人は解放されます。

 

また、借金の一部が無くなりますが、目的はあくまで借金返済することなので自己破産をする場合と違って住宅や車などの資産が没収されることはなく、資産を手放すことなく手続きが進められるのもメリットです。
ただし、特定調停も民事再生もブラックリストには名前が入ることになるので新たにお金を借りることが難しくなるのとクレジットカードを作ることもできなくなります。

 

ブラックリストから名前が外れるまでには10年近くかかると言われているので、その期間は新たにお金が借りられないということを覚悟の上で検討しましょう。

ヤミ金に強い弁護士ランキング

関連ページ

債務整理の進め方
債務整理の進め方について
借金返済が自力で出来そうな場合の任意整理
借金返済が自力で出来そうな場合の任意整理のメリット
任意整理のメリット・デメリット
任意整理のメリット・デメリット