借金返済が不能な場合の自己破産

借金返済が難しい場合に債務整理で問題解決を図るという方法がありますが、任意整理や特定調停、民事再生といった債務整理はすべて安定した収入があることが条件となっていて、借金の一部は減らしてもあくまで借金返済が目的となっています。
しかし、自己破産については借金返済を目指すのではなく借金返済を放棄することが目的となっているため、安定した収入が無い人でも利用することが可能になっており、収入がある場合でも特定調停や民事再生ではどうにもならないレベルの借金をしている場合に適用されます。

 

自己破産をすることによって借金生活と決別することができて、再起を図ることが可能となりますが、借金を放棄するわけなので持っている資産も放棄する必要があり、住宅や車、貴金属類や貯金などの財産はすべて無くなってしまいます。
そのため、借金返済ができなくなったとしても自己破産を考えるのは最終手段として取っておくことが大切で可能であれば他の債務整理で借金整理ができるように借金相談などでアドバイスをもらうようにしましょう。
また、自己破産をすると就業できない職業があるので関連する職業に就きたいと考えている場合は十分に検討してから判断を下しましょう。

 

借りたお金をきちんと返さないといけないのは当然ですが、収入が無くなるなどの理由から返済ができなくなるのは致し方ない部分もあり、どのような場合でも問題を放置しないで適切に対応するようにしましょう。

ヤミ金に強い弁護士ランキング

関連ページ

債務整理の進め方
債務整理の進め方について
借金返済が自力で出来そうな場合の任意整理
借金返済が自力で出来そうな場合の任意整理のメリット
任意整理のメリット・デメリット
任意整理のメリット・デメリット
借金の一部が無くなれば借金返済が可能な場合
借金の一部が無くなれば借金返済が可能な場合の債務整理