借金返済が自力で出来そうな場合の任意整理

借金返済が困難になった場合の対応策として債務整理という選択肢がありますが、その中でも借金の金額が少ない場合に第一選択となるのが任意整理という債務整理で、これは借金の総額を変えないで借金返済を目指すため、他の債務整理よりペナルティが少ない特徴があります。

 

また、任意整理の流れとしてはお金を借りている金融機関との交渉によって返済スケジュールの見直しや返済回数の変更などを変えて今の環境から最適な借金返済計画を作っていくという形になるので、裁判を通しての手続きが不要で時間さえあれば自分で交渉することもできます。
過去に消費者金融や信販会社からお金を借りていたことがある場合は任意整理の流れの時に過払い金の有無を調べることがあります。

 

過払い金というのはグレー金利ゾーンという金利帯でお金を借りたことがある場合に還付されるお金のことで上限金利に関する法律が施行されてから全国的に過払い金の請求が多く行なわれるようになりました。
任意整理は借金返済をして完済を目指すタイプの債務整理なので、多額の借金がある場合だと任意整理では問題解決が難しい場合があり、民事再生や自己破産などが進められる場合もあります。
どちらにしても自分がどのタイプの債務整理で交渉を進めていけばいいのか分からないと思うので、自治体が定期的に開催している借金相談会や弁護士事務所の相談などを利用して問題の解決方法のアドバイスをもらいましょう。

ヤミ金に強い弁護士ランキング

関連ページ

債務整理の進め方
ヤミ金に強い弁護士・司法書士さえわかれば、ヤミ金被害解決は意外に簡単!つらい日々から脱出しましょう。ヤミ金に苦しんでいる方のお役に立てると幸いです。