車を購入する際に利用するオートローン

住宅の次に高額な買い物と言われているのが車で、新車だと数百万円の費用が必要になり中古車でも数十万円というお金が必要になるため、多くの人はオートローンと呼ばれる車専用ローンを利用して購入しています。

 

オートローンについてもカードローンと比べると金利は低く設定されている場合がほとんどなので、借金返済における金利の負担は少なくなっていますが、オートローンは乗っている車を担保にして借りることが多いため、借金返済が終わるまで名義人が車の販売店やオーナーになっている場合がほとんどです。

 

そのため、借金返済の途中で乗っている車を手放したい場合は名義人に許可を貰って必要な手続きをすることになりますが、それが面倒だと感じる場合はオートローンを利用するのではなくカードローンを利用してまとまったお金を借りて車の購入費用に充てるという方法もあります。

 

この場合だと借金返済が終わらなくても車は自分の名義になっているので、自由に売却することが可能ですが、一方で通常のオートローンと違って金利はかなり高いのですぐに借金返済ができない場合は金利の支払い負担がかなり大きくなる可能性があります。
また、オートローンはそれぞれの車販売店によって概要は変わっており、かなり金利が低い場合もあれば、反対にオートローンでもかなり高金利なこともあるので車を購入する場合にローンの利用を検討している場合はあらかじめ金利を比較しておくことが大切です。

ヤミ金に強い弁護士ランキング

関連ページ

長期ローンになる住宅ローン
いろいろある借金の種類|長期ローンになる住宅ローン
借金返済不能になりやすいカードローン
いろいろある借金の種類|借金返済不能になりやすいカードローン
クレジットカードの使用
いろいろある借金の種類と特徴|クレジットカードの使用
人の借金を被るケース
いろいろある借金の種類|人の借金を被るケース