クレジットカードの使用

クレジットカードは現代において非常に便利なアイテムの一つになっており、ネット通販などの決済でクレジットカードが使用できる他、公共料金の支払いなどにも利用することが可能になっていてさまざまな支払いのシーンでカード決済ができるので現金が手元になくても安心です。

 

また、クレジットカードで購入した物は一括か二回分割で支払う場合は金利が付加されることが無いので、長期的な返済にならない場合はカードローンを利用するよりも借金返済にかかる負担は少なく、もし短期間で借金返済ができない場合でも簡単な手続きで返済回数を増やすことができます。
ただし、気をつけないといけないのはクレジットカードで分割払いを利用する場合は金利がカードローンと同じくらい必要になるという点で、リボルビング払いなどで設定してしまうと借金返済における負担は少ないものの、いつまでも借金が減らないという状態に陥ることがあります。

 

ちなみに最近はクレジットカードを発行している信販会社でもカードローンのサービスを提供するところが増えており、所有しているクレジットカードにローン機能を付帯させることもできるので一からカードローンを申し込むより早くお金の借り入れができる場合もあります。

 

クレジットカードにカードローンを付帯させる場合も消費者金融のカードローンと同じくらいの金利設定になるため、借金返済は金利の支払いについてもきちんと考慮することが大切です。

ヤミ金に強い弁護士ランキング

関連ページ

長期ローンになる住宅ローン
いろいろある借金の種類|長期ローンになる住宅ローン
借金返済不能になりやすいカードローン
いろいろある借金の種類|借金返済不能になりやすいカードローン