人の借金を被るケース

最近はカードローンやフリーローンなどを利用する場合に保証人や担保などを用意しなくてもお金を借りることができるところが増えており、そもそも保証人という制度を知らないという人もいるかもしれませんが、昔はお金を借りる際に保証人や担保を用意するのが当たり前でした。

 

担保については車や住宅を担保設定して、もし借金返済ができない場合は担保となっているものを代わりに借金返済に充てていましたが、保証人の役割も担保と似たような役割で借金返済ができなくなった人の借金を保証人が代わりに返すというものです。
連帯保証人の問題が一昔前に社会的にも問題となった時期がありましたが、債務者が返すことができなくなったことで自己破産をして、その残った借金の返済義務が保証人に移ってしまうことで保証人は自分の借金でもないのに返済義務が生じます。

 

その金額が少額であれば勉強代と思って代わりに返済するのも納得がいくかもしれませんが、債務が保証人に移るような場合は大抵借金が膨れ上がってしまっており、保証人でも返済ができないケースは少なくありません。
しかし、保証人制度というのは酷な制度で自分が作った借金でもないのに取り立てをする側は借金をしている本人に取り立てをするように取り立ててくるので借金取りに追われる生活になります。

 

そうした事態を防ぐために債務者が自己破産をする場合に保証人もお金を返すことができない場合は保証人も同時に自己破産をするケースが多くなっています。

ヤミ金に強い弁護士ランキング

関連ページ

長期ローンになる住宅ローン
いろいろある借金の種類|長期ローンになる住宅ローン
借金返済不能になりやすいカードローン
いろいろある借金の種類|借金返済不能になりやすいカードローン
クレジットカードの使用
いろいろある借金の種類と特徴|クレジットカードの使用