ヤミ金被害を警察に電話をする

ヤミ金の人にお金を借りてしまったら、取り立てがだんだんときつくなっていく可能性があります。はじめは自分の周りだけをウロウロされているのですが、だんだん親族や親せき、そして会社の周りや下手をすれば友人や知人にも迷惑をかけてしまう可能性があります。

 

そんな時、一番に何をすればよいのか。それは取り立てがとても怖かったり恐喝のような状態になっている場合、警察を呼んで対処してもらいましょう。そしてそのあとに弁護士に相談にいきヤミ金との手が切れるようにしましょう。警察は被害届のある恐喝のような事案にのみ対処してくれることが多いです。ヤミ金被害をすzべて解決してくれるわけでは無いので、覚えておきましょう。

 

ヤミ金の取り立ては支払いをしているときはとても優しいそうですが、だんだん支払いが滞ったり支払えなくなった時に恐喝のようなことをする場合があるのです。お金を借りたのは事実なので元金と法律で決められた利息を返済するのは当たり前のことなのですが、法律違反になるほどの高い利息は支払う義務は本当はありません。しかし、恐喝されてしまうと支払ってしまいがちです。

 

どうしてもの場合はすぐに警察の人にきてもらい対処してもらいましょう。そしていつまでも利息を払い続けているとヤミ金の人も次々と取り立てにやってくる可能性があります。そうならないためにも初めからやめておくほうがいいのですが、どうしてもお金が必要な時、誰でもいいので貸してほしいという気持ちになるのは当然のことです。それを利用するような形で貸して、取り立てで恐喝のようなことをするのがヤミ金です。

 

お金がどうしても必要になった時、人は手段を選びません。
そのため、闇金を利用する人の数が減少傾向にならないのでしょう。誤った判断だとわかっていても利用せざるを得ない環境下では人の判断は揺らぐ危険性を持っているのです。

 

しかし、闇金を利用することで大切な家族にも危害が及ぶかもしれません。利用しなことが一番ですが、万が一利用してしまった場合はしっかりと頼れる機関に依頼をし、対策を立てなければなりません。まず、依頼先として思い浮かぶのが警察だと思います。警察は市民の生活を守ってくれる存在です。

 

しかし、解決という点では頼れる存在なのですが、事件を防ぐという意味では少し力が弱いとも言えます。対策方法をアドバイスしてくれるものの、「民事不介入」の原則などもあるため、根本的な解決は難しいかもしれません。もし、依頼をされる際には弁護士などの法の専門家に依頼をすることが最も望ましいです。警察よりも闇金問題に関して対応する術を持っており、安心して依頼をすることができます。しかし、どの弁護士でもいいというわけではありません。

 

闇金問題に詳しい闇金専門の弁護士に依頼をすることが一日も早い解決への近道です。一人で抱えてはいけません。しっかりと専門家に相談し、対策を練ることが重要になってきます。

ヤミ金に強い弁護士ランキング

関連ページ

ヤミ金でお金を借りた場合
ヤミ金でお金を借りた場合
ヤミ金の金利や手数料について
ヤミ金の金利や手数料について
ヤミ金問題を弁護士に相談する
ヤミ金問題を弁護士に相談する場合の注意点
ヤミ金取り立てについて
ヤミ金取り立てについて
すぐに借りた分と元金を返済する
すぐに借りた分と元金を返済する場合の注意点