消費者金融や信販会社の借金返済について

金融機関からお金を借りる場合に賃金業法という法律が適用される消費者金融や信販会社から借りるという人が多いと思いますが、消費者金融だとカードローンやキャッシングのサービス、信販会社だとクレジットカードサービスの利用が多くなります。
消費者金融でもクレジットカードを発行しているところもあれば、反対に信販会社でもカードローンを提供しているところもあり、金利の設定などが似ているのが特徴です。

 

いずれにしてもお金を借りると借金をしていることになりますが、銀行や非営利の金融機関と比較した場合に金利が高めで設定されていることが多いので、借金返済をする場合は金利も考慮した上での返済が必要になります。
また、消費者金融も信販会社も総量規制というルールが適用されることになるのでお金を借りようとする場合は年収の3分の1を超えて借りることはできないようになっているため、当然ながら無職で収入が無い人がお金を借りることはできません。

 

しかし、既にカードを作っているや借金返済をしている場合は無職になっても新規で借りることや借金返済は継続することになりますが、借金が残っている場合だと収入が入ってこないことには返すことが難しいと思います。
できれば自力で借金返済することに越したことはありませんが、自力で返すことができそうにない場合は債務整理など法的な手段を用いて借金整理をする必要が出てくるので状況に応じて然るべき対応が必要となります。

ヤミ金に強い弁護士ランキング

関連ページ

借りる前に借金返済の計画を立てる
ヤミ金に強い弁護士・司法書士さえわかれば、ヤミ金被害解決は意外に簡単!つらい日々から脱出しましょう。ヤミ金に苦しんでいる方のお役に立てると幸いです。
返済が滞った場合のペナルティ
ヤミ金に強い弁護士・司法書士さえわかれば、ヤミ金被害解決は意外に簡単!つらい日々から脱出しましょう。ヤミ金に苦しんでいる方のお役に立てると幸いです。
借金返済のコツ
ヤミ金に強い弁護士・司法書士さえわかれば、ヤミ金被害解決は意外に簡単!つらい日々から脱出しましょう。ヤミ金に苦しんでいる方のお役に立てると幸いです。